サプリや効果的な治療で更年期障害を緩和|ヘルスケアでイキイキ生活

男性の更年期の症状と対策

落ち込む女性

男性の更年期障害は40〜50代の男性に多く見られる症状です。男性ホルモンの1つであるテストステロンの分泌量が減少したことが原因で起こります。不眠や精力の減退など症状は様々で、治療はホルモン補充療法などが効果的です。

詳しくはこちら

女性の更年期のトラブル

笑顔の医者

更年期障害は一般的に閉経を迎える時期に起こりやすい症状です。その他にも、ダイエットや運動などで身体にストレスを与えることによって、若年性の更年期障害を発症することもあります。更年期障害からくる体調不良は他の病気とも混同されやすいこともあるので、必ず専門機関で診断を受けることを勧めます。

詳しくはこちら

閉経前の症状

困る女性

閉経前に出る様々な症状は更年期障害と呼ばれており、婦人科で治療の対象となっています。婦人科では急激に減少する女性ホルモンを補充する為に注射やはり薬で治療が行われたり、漢方薬やプラセンタ注射も人気があります。

詳しくはこちら

女性の症状

看護師

人気の療法

年齢を重ねていくとどうしても病気になる可能性が高くなります。そして、女性の場合は、生理が終わる頃になると、どうしても女性ホルモンの分泌量が減ってくるため、体のバランスが崩れてしまいます。そして、脳はホルモンを活発に分泌をする命令をだしますが、卵巣では応えることができません。脳と卵巣の交互に繰り返しを行なうので、脳がパニックを起こします。そして、自立神経失調症のような症状がでてきます。これが、いわゆる更年期障害というものです。症状は個人差によって違ってきます。そして、その症状に対して治療を行なっていたり、和らげるために日々の生活で行なうことができるものがあります。更年期障害の対策方法として、漢方であったりサプリメントを使って、療法を行なうことで和らぎます。

更年期障害は、日々の生活習慣も整えることで症状を和らぐことができます。例えば食事のバランスであったり、早寝早起きをする事も大事です。また、適度な運動であったり、適度にストレスを発散をさせるといいでしょう。どの点も普段当たり前の事ですので、少し生活習慣を改めてみるといいでしょう。そして、それでも更年期障害の症状が優れないというのであれば、婦人科に行ってみるといいでしょう。診察の際に血液検査をします。そして、ホルモンの量を測ります。週間後に結果をみて、数値が低いようであれば、ホルモン補充療法で治療をすることもあります。この方法は、少なくなった女性ホルモンを体外から直接的に補う方法になります。

Copyright © 2016 サプリや効果的な治療で更年期障害を緩和|ヘルスケアでイキイキ生活 All Rights Reserved.